1. ホーム
  2. あなたの悩みを解消する商品たちを紹介します
  3. ≫薄毛と若ハゲにはAGA治療薬を

薄毛と若ハゲにはAGA治療薬を

AGA「エージーエー」とよく聞くけど一体なんですか?最近良く耳にするAGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaを略して呼ばれているもので、日本語に直すと男性型脱毛症という意味になります。

男性が大人になると、男性ホルモンが増加してくることによっておでこの両側の生え際がハゲ上がってくるM字型と、頭頂部からハゲ上がってくるO字型の髪が薄くなる2つのパターンが特徴です。

抜け毛が進行して薄くなってきたと感じたら、AGAが進行して毛根が死んでしまう前に、プロペシアなどAGA治療薬を飲むことが効果的です。

AGA治療薬は早期抜け毛の時期に服用することで、若ハゲの改善率が格段に上がりますので、まずは早めの治療が一番大事になってきます。

信頼と実績のAGAクリニックで今だけ無料カウンセリングキャンペーン実施中!

あなたの薄毛がAGA(男性型脱毛症)なのか、無料カウンセリングでチェックして、プロペシアやミノキシジルが効果的なのかを調べてみる必要があります。

薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)でない場合、個人輸入でプロペシアやミノキシジルを購入しても効果が出ない場合があるからです。

135万人の治療実績がある頭髪専門クリニックなど無料カウンセリングのAGAクリニックランキングはこちら

AGAの男性は全国で1000万人以上と言われています。

AGAは放置しておくと、どんどん進行する病気です。
AGAは放置しておくと、どんどん進行する病気です
頭頂部の場合、Ⅰ型からⅢ型まで段階があり、おでこの生え際に関してはⅠ型からⅦ型まで進行するステップがあります。

額から後ろに向かって髪が薄くなっていくパターン、頭頂部から前に向かって髪が薄くなっていくパターン、前者と後者の混合パターンなど、AGAの進行状況は人によって様々になります。

健康な髪は硬毛で太くてコシがある髪の毛になりますが、AGAの特徴としては細くて短い毛、いわゆる軟毛になっていくことです。

毎日のシャンプーの時に抜け毛が気になりだしたら、まずは迷うこと無く早めにAGA治療をすることをオススメします。

AGAの治療にはプロペシアだけではなくミノキシジルも必要です

男性型薄毛治療にはプロペシアが有効と言われていますが、プロペシアは脱毛を減らして髪の量を減らさないようにする守りの治療薬です。

薄毛治療にはまずプロペシアで脱毛の量を減らし、攻めの治療薬で髪の毛の生える量を増やすことが非常に重要になってくるので、攻めの治療を指定なければ、いくらプロペシアで抜け毛を減らしても、生えてくる量が少ない場合、非常に効果が現れにくい状態になります。

プロペシアと併用するべき治療薬こそ、発毛サイクルを促進して髪の生える量を増やすミノキシジルです。

プロペシアとミノキシジルを併用することで、AGA患者のおよそ8割が改善傾向に向かったというデータが出ていますので、プロペシアだけ使用した場合の実感効果がおよそ3割程度ですので、併用するべきだということが数字だけでもわかってくると思います。

オススメはプロペシアとミノキシジルを併用するAGA治療です。

AGA治療薬ならオオサカ堂のプロペシアが第1位

男性型脱毛症の治療薬プロペシアについての記事を書きましたので合わせてお読みください。