乳首の黒ずみを薄くする

MENU

乳首の黒ずみをいつまでも気にして臆病になっていませんか?

乳首の黒ずみを薄くする自宅でできる美白治療セットが大人気に

女性の悩みで多いのが「乳首の黒ずみ」ですが、美容整形外科や美容皮膚科に行くと、黒い乳首を見せなければ行けないから嫌だという女性も多いのでは。

 

そんな乳首の黒ずみを解消する美白セットが個人輸入で買えて、自宅でケアできちゃうんです。

 

【超お得】なんと3ヶ月分の治療薬が1万円程度で買えちゃいます!

[BIHAKUEN]ハイドロキノン4% + トレチノイン0.1%はこちら

 

乳首の黒ずみを解消する治療法は、「トレチノインハイドロキノン療法」と言って、東京大学形成外科の吉村教授が2006年に「乳輪や乳頭」など乳首の黒ずみを薄くしてピンク色に戻す治療法として発表しました。

 

治療薬は、皮膚の新陳代謝を高める「トレチノイン」と色素の漂白作用がある「ハイドロキノン」を使用しますが、治療中は皮膚が薄くなり、炎症なども起きるため、摩擦や紫外線など皮膚を外部の刺激から守るために保湿やUV対策も必要になってきます。

 

一般的にトレチノインハイドロキノン療法の治療薬を購入する場合、美容整形外科や美容皮膚科などに通院して、医師に処方箋をもらい、薬局で購入することになりますが、乳首の黒ずみを解消する場合は、健康保険の適用外になるため、診療費や治療薬は全額負担となり、費用はかなり高額になります。

 

美容皮膚科や整形外科でトレチノインハイドロキノンを処方してもらうと

関連ページ

トレチノインハイドロキノン療法は自宅でできる美白治療
美容整形外科でも推奨する自宅でできる美白治療法「トレチノインハイドロキノン療法」は正しい知識が必要です。また治療薬は個人輸入で購入すると経済的にも負担が少ないのでおすすめ。
女性の薄毛・抜け毛の悩みに効果的な治療薬は
最近は年齢とともに女性でもびまん性脱毛症による薄毛や脱毛が気になっている方も多くなっていますが、ウィッグやかつらなどで見た目を改善する場合も多いのですが、基本的に栄養素や内側から改善しないとどんどん悪化していきます。
生理痛、生理不順、肌荒れのトラブルには
女性の悩みである生理痛、生理不順、また肌荒れやにきびのトラブルを解消したいあなたに、女性ホルモンと婦人系の悩みを繋げ、毎月の悩みを和らげる方法をご紹介します。
花粉症の治療薬の効果と副作用のまとめ
毎年2月頃から花粉症の季節がやって来ますが、花粉症で悩む私たちにとっては最悪とも言える地獄のシーズンになります。関東地方だと、2月から4月までがスギ花粉の季節で最も花粉症で悩む人が多いのが、このスギ花粉です。
まつ毛が薄いと目ヂカラも無くアイメイクが大変
女性にとってアイメイクはメイク全体のできを左右する重要な部分ですので、若い女性であればツケマで目ヂカラをアップしたり、アイラインも思いっきり引けますが、アラフォー世代になるとなかなか大変です。
胸を大きくするにはサプリとリンパトリートメント
女性ならバストの悩みは誰にでもあるもので、大きすぎても、小さすぎてもコンプレックスになってしまうというのが特徴ですよね。自分の理想のバストになるにはどのようなバストケアがあるのか紹介していきます。
薄毛と若ハゲにはAGA治療薬を
男性型脱毛症(AGA)治療ならプロペシア、フィンペシア、エフペシア、ミノキシジルなど個人輸入でも人気の治療薬が格安で購入できます。