1. ホーム
  2. あなたの悩みを解消する商品たちを紹介します
  3. ≫【避妊は女性のため】低用量ピルの通販最安値はどこ?

【避妊は女性のため】低用量ピルの通販最安値はどこ?

避妊は女性のため

低用量ピルを使い出している女性は日本でも最近多くなってきているけど、他の先進国と比べるとまだまだ日本の女性の使用率は低いんです。

ヨーロッパやアメリカの先進国では、低用量ピルで避妊する女性の割合は40~60%にも及んでいるけど、日本ではわずか数%という感じです。

それでも近年、日本人女性の間でも低用量ピルを使用する人たちが激増しています。

妊娠してからでは遅い!女性が自分の身を守るには低用量ピル

妊娠してからでは遅い!女性が自分の身を守るには低用量ピル

男性との性行為の際に、避妊具を着用して欲しいと伝えられる女性はどのくらいいるのでしょうか?

日本人の場合、どうしても女性は受け身になってしまう場合が多く、性行為の際に感情的に高ぶってしまうとコンドームなどの避妊具を付けて欲しいと言うタイミングも難しく、結局のところ伝えられない場合も多々あります。

性行為中に薄っすらと頭の中でコンドームを付けないと妊娠するかもしれないと過っても、伝えたところで男性のテンションが下がってしまうかもしれないという心配もあるでしょう。

避妊をコンドームのみに頼る場合、男性の方がしっかりとその辺りまで考えてくれないといけないのです。

付き合って長い彼氏とのセックスの場合、コンドームを付けて欲しいといえば相手もそれなりに真剣に考えてくれそうですが、まだ付き合って日が浅い場合や合コンなどでいい感じになっただけの男性などでは、コンドームを着用してくれるかどうかわかりません。

実際に望まない妊娠をして一番苦労をするのは女性です。だからこそ、避妊を男性に任せるのは危険では無いでしょうか?

低用量ピルは副作用が少ないことで人気の避妊薬

低用量ピルは副作用が少ないことで人気

ピルと聞くと、少し前までは副作用が強く、なんだか怖いイメージを持っている女性もいるのかもしれませんが、低用量ピルが登場してからは、世界中でも人気の高い副作用の少ない避妊薬として認知されるようになりました。

低用量ピルは、マーベロン、トリキュラー、ヤスミン、ヤーズ、ダイアンなど種類も豊富にあり、自分の体質にあった薬を探すことができます。

またコンドームを着用していても避妊できる確立は実は非常に少ない数字で、望まない妊娠をして中絶をする女性の75%がコンドームを着用していたというアンケート結果もあります。

低用量ピルを服用している場合、毎日の飲み忘れが無ければほぼ100%の確立で避妊することが可能です。

また妊娠を望む場合、低用量ピルの服用を止めた1ヶ月後から妊娠する可能性が出てきますので将来、結婚など環境の変化があった場合を考えたうえでも安心して服用することができます。

低用量ピルの飲み方と効果については

低用量ピルの飲み方は、21錠タイプと28錠タイプがあり、どちらも生理が来た初日から1日1回、毎日同じ時間に21日間、低用量ピルを飲み続けるのですが、低用量ピルを飲む日と飲まない日があることで飲み忘れのリスクが生じます。

低用量ピルの初心者の場合、飲まない期間にも飲む週間をつけるためのプラセボ(偽薬)が付いている28錠タイプから始めることをオススメします。

低用量ピルの場合、飲み忘れが無ければコンドームよりもはるかに高い避妊率があり、服用することで生理痛の軽減や長期服用で子宮頸がんのリスクも低くなるというデータも出ています。

ただし誰でも使用できる薬ではなく、「高血圧の人」「35歳以上で喫煙する人」「乳がんや子宮頸がんの疑いがある人」「重度の偏頭痛がある人」「妊娠中、授乳中の人」「持病がある人」は服用することができません。

低用量ピルを初めて服用する場合は、婦人科などで医師に相談のうえ、処方してもらうことをオススメしますが、低用量ピルを推奨していない医師も多くいるため、病院を探したり、通院することが困難な場合もあります。

低用量ピルを通販で購入したい場合、医薬品の個人輸入を利用すればネットで格安に購入することも可能です。

一番良いのは、婦人科で処方してもらい経過を見て、自分にあった低用量ピルが見つかれば、個人輸入のオオサカ堂を利用して格安に購入するという方法が望ましいと思われます。

低用量ピルの副作用について

低用量ピルの副作用については、妊娠初期のつわりを軽くした症状などがあります。

低用量ピルを服用することでホルモン環境が変わり、生理以外でも不正出血があったり、軽いつわりのような吐き気を感じたり、また妊娠初期症状にもある乳房の張りや膨らみもあります。

低用量ピルの場合、副作用については非常に軽いものになってきたので、昔のピルのイメージよりも安心して使用することができます。

低用量ピルのまとめ

低用量ピルを使用するのであれば、まず最初は低用量ピルを服用することに肯定的な婦人科などに行き、自分の体質で低用量ピルを服用しても大丈夫なのか医師に相談をしてください。

一度、低用量ピルを処方してもらい服用を初めて1ヶ月間、特に異常を感じられなければ個人輸入のオオサカ堂で低用量ピルを購入する方が通院する時間も無駄にせず、低用量ピルの価格もかなり安くすみます。

ただ個人輸入を利用する際には、厚生労働省のホームページでも明記しているとおり、何かあった場合には自己責任になりますので、ちょっと恥ずかしくても産婦人科や婦人科を受診して、医師と相談のうえ、あなたにあった低用量ピルを服用しましょうね。

  • アフターピル(緊急避妊薬)アイピル
    i-pill(アイピル)は、緊急避妊ピル、事後ピル、アフターピルなどの名称でも呼ばれている緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。緊急で妊娠を避けるために活用される薬です。計画外の妊娠を防ぎます。24時間以内で95%、72時間で75%の妊娠回避効果が報告されています。

  • 低用量ピルマーベロン28
    マーベロン28は、2種類(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)の女性ホルモンが配合されている錠剤21錠に、プラセボ(偽薬)7錠が付いた28錠の低用量ピル。定期的に服用することで妊娠を防ぐ効果があります。血栓予防のため、南極クリルビタミンとクリルオイル流とセットがおすすめ。

  • 低用量ピルローラー35(ダイアンジェネリック)
    一相性・第3世代低用量ピルです。ホルモンバランスを整えるダイアンと同成分。ホルモンバランスの乱れからくる更年期障害、男性ホルモンアレルゲンにより進む前立腺癌の治療にも使われます。重症ニキビ、多毛症の治療にも用いられることがあります。