1. ホーム
  2. あなたの悩みを解消する商品たちを紹介します
  3. ≫花粉症の処方薬の効果と副作用のまとめ

花粉症の処方薬の効果と副作用のまとめ

毎年2月頃から花粉症の季節がやって来ますが、花粉症で悩む私たちにとっては最悪とも言える地獄のシーズンになります。

関東地方だと、2月から4月までがスギ花粉の季節で最も花粉症で悩む人が多いのが、このスギ花粉です。

花粉症の年齢層花粉症で悩む人は全国にどのくらいいるのかという事について調べてみましたが、正確な数字が出ているデータが見つからず、全国耳鼻咽喉科が行った全国調査で鼻のアレルギーの全国疫学調査で、花粉症を有する人が29.8%であったという調査報告がありました。

また右記の年齢層のデータを見ると、10代の若年層の3割がすでにスギ花粉症であることが分かります。10代から50代までが非常に多い花粉症ですが、その後スギ花粉症の比率は減少傾向にあります。

花粉症は人の体内で蓄積された限界を超えると発症すると言われていますが、若年層が多く、高齢者が少ないということは、一概にそう言ったものだけではないのかもしれません。

花粉症治療薬の効果と副作用は

花粉症の症状についてのアンケートデータは、下記の通りです。

花粉症で悩む人は主に、目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどで悩んでいますが、7位の頭がぼーっとする、8位の喉のかゆみというのは、花粉症治療薬の副作用である可能性が高くなります。

花粉症の症状

花粉症治療薬は処方薬に市販の薬など、種類もいろいろありますが、主に眠くなるという副作用が一番多い悩みでもあります。

花粉症の強い薬になればなるほど、眠気が強く出てしまう傾向にありましたので、仕事に影響が出る、運転の仕事では飲めないなど、苦しい思いをしなければならないという人も多いのではないでしょうか。

花粉症の治療薬の主な副作用は

花粉症の副作用としては下記の様なものがあります。

  • 眠気がでる
  • 頭がぼーっとしてしまう
  • 口や喉、鼻が乾く
  • 息苦しさがでる
  • 胃が痛くなる
  • 軽い動機がでる
  • 身体がだるくなる

花粉症で苦しいのに、治療薬を飲むと今度は副作用で苦しむということも少なくありません。

花粉症の場合、薬局やドラッグストアで売られている市販薬だと、副作用が心配なものが多いため、できるだけ副作用が少ない処方薬を選ぶのがオススメです。

眠くならない花粉症治療薬として有名になったアレグラ

アレグラ(allegra)120mg近年、花粉症の治療薬で人気なのが、眠くならない花粉症の治療薬として話題になっている「アレグラ」です。

病院で処方される処方薬で、1996年にアレルギー性疾患の治療薬としてアメリカで発売され、日本でも2000年から発売されています。

塩酸フェキソフェナジンという有効成分がアレグラに配合されていて、一般的に花粉症と言われるアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患、アトピー性皮膚炎などに効果が認められています。

アレグラは、体内物質ヒスタミンが関与するアレルギー反応をブロックして抑制する、世界で最も服用されている第2世代抗ヒスタミン薬です。

副作用の眠気がでることが他の花粉症の薬と比べて圧倒的に少なく、国内の調査では眠気を感じた人は使用者の8%程度という低さでした。

また子供への花粉症の処方薬としても使用されていて、思い副作用は殆ど無いと言われています。

但し、アナフィラキシーショックや肝臓が弱ることからくるだるさ、食欲不振、吐き気、発熱などが極稀にあります。

花粉症治療薬も個人輸入の通販最安値で

花粉症対策の治療薬も個人輸入で購入できることをご存知でしょうか?

詳しくは下記の記事をご覧ください。