花粉症治療薬効果副作用

MENU

花粉症の処方薬の効果と副作用のまとめ

毎年2月頃から花粉症の季節がやって来ますが、花粉症で悩む私たちにとっては最悪とも言える地獄のシーズンになります。

 

関東地方だと、2月から4月までがスギ花粉の季節で最も花粉症で悩む人が多いのが、このスギ花粉です。

 

花粉症の年齢層

花粉症で悩む人は全国にどのくらいいるのかという事について調べてみましたが、正確な数字が出ているデータが見つからず、全国耳鼻咽喉科が行った全国調査で鼻のアレルギーの全国疫学調査で、花粉症を有する人が29.8%であったという調査報告がありました。

 

また右記の年齢層のデータを見ると、10代の若年層の3割がすでにスギ花粉症であることが分かります。10代から50代までが非常に多い花粉症ですが、その後スギ花粉症の比率は減少傾向にあります。

 

花粉症は人の体内で蓄積された限界を超えると発症すると言われていますが、若年層が多く、高齢者が少ないということは、一概にそう言ったものだけではないのかもしれません。

 


オオサカ堂は花粉症治療薬のジェネリック医薬品もあります

花粉症治療薬の効果と副作用は

花粉症の症状についてのアンケートデータは、下記の通りです。
花粉症で悩む人は主に、目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどで悩んでいますが、7位の頭がぼーっとする、8位の喉のかゆみというのは、花粉症治療薬の副作用である可能性が高くなります。

 

花粉症の症状

 

花粉症治療薬は処方薬に市販の薬など、種類もいろいろありますが、主に眠くなるという副作用が一番多い悩みでもあります。

 

花粉症の強い薬になればなるほど、眠気が強く出てしまう傾向にありましたので、仕事に影響が出る、運転の仕事では飲めないなど、苦しい思いをしなければならないという人も多いのではないでしょうか。

 

花粉症の副作用としては下記の様なものがあります。

  • 眠気がでる
  • 頭がぼーっとしてしまう
  • 口や喉、鼻が乾く
  • 息苦しさがでる
  • 胃が痛くなる
  • 軽い動機がでる
  • 身体がだるくなる

 

花粉症で苦しいのに、治療薬を飲むと今度は副作用で苦しむということも少なくありません。

 

花粉症の場合、薬局やドラッグストアで売られている市販薬だと、副作用が心配なものが多いため、できるだけ副作用が少ない処方薬を選ぶのがオススメです。

眠くならない花粉症治療薬として有名になったアレグラ

アレグラ(allegra)120mg

近年、花粉症の治療薬で人気なのが、眠くならない花粉症の治療薬として話題になっている「アレグラ」です。

 

病院で処方される処方薬で、1996年にアレルギー性疾患の治療薬としてアメリカで発売され、日本でも2000年から発売されています。

 

塩酸フェキソフェナジンという有効成分がアレグラに配合されていて、一般的に花粉症と言われるアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患、アトピー性皮膚炎などに効果が認められています。

 

アレグラは、体内物質ヒスタミンが関与するアレルギー反応をブロックして抑制する、世界で最も服用されている第2世代抗ヒスタミン薬です。

 

副作用の眠気がでることが他の花粉症の薬と比べて圧倒的に少なく、国内の調査では眠気を感じた人は使用者の8%程度という低さでした。

 

また子供への花粉症の処方薬としても使用されていて、思い副作用は殆ど無いと言われています。

 

但し、アナフィラキシーショックや肝臓が弱ることからくるだるさ、食欲不振、吐き気、発熱などが極稀にあります。

 

アレグラ(allegra)120mg
>>眠くならない花粉症の薬「アレグラ(allegra)120mg」>>

 

 


オオサカ堂の花粉症治療薬「アレグラ」「アレロック」のジェネリック薬も充実

関連ページ

乳首の黒ずみを薄くする自宅でできる美白治療セットが大人気に
女性の悩みで多いのが「乳首の黒ずみ」ですが、美容整形外科や美容皮膚科に行くと、黒い乳首を見せなければ行けないから嫌だという女性も多いのでは。そんな乳首の黒ずみを解消する美白セットが個人輸入で買えて、自宅でケアできちゃうんです。
トレチノインハイドロキノン療法は自宅でできる美白治療
美容整形外科でも推奨する自宅でできる美白治療法「トレチノインハイドロキノン療法」は正しい知識が必要です。また治療薬は個人輸入で購入すると経済的にも負担が少ないのでおすすめ。
女性の薄毛・抜け毛の悩みに効果的な治療薬は
最近は年齢とともに女性でもびまん性脱毛症による薄毛や脱毛が気になっている方も多くなっていますが、ウィッグやかつらなどで見た目を改善する場合も多いのですが、基本的に栄養素や内側から改善しないとどんどん悪化していきます。
生理痛、生理不順、肌荒れのトラブルには
女性の悩みである生理痛、生理不順、また肌荒れやにきびのトラブルを解消したいあなたに、女性ホルモンと婦人系の悩みを繋げ、毎月の悩みを和らげる方法をご紹介します。
まつ毛が薄いと目ヂカラも無くアイメイクが大変
女性にとってアイメイクはメイク全体のできを左右する重要な部分ですので、若い女性であればツケマで目ヂカラをアップしたり、アイラインも思いっきり引けますが、アラフォー世代になるとなかなか大変です。
胸を大きくするにはサプリとリンパトリートメント
女性ならバストの悩みは誰にでもあるもので、大きすぎても、小さすぎてもコンプレックスになってしまうというのが特徴ですよね。自分の理想のバストになるにはどのようなバストケアがあるのか紹介していきます。
薄毛と若ハゲにはAGA治療薬を
男性型脱毛症(AGA)治療ならプロペシア、フィンペシア、エフペシア、ミノキシジルなど個人輸入でも人気の治療薬が格安で購入できます。