1. ホーム
  2. 個人輸入の人気商品を紹介
  3. ≫ユークロマクリーム通販の激安、最安値は

ユークロマクリーム通販の激安、最安値は

あなたのお肌は透明感がありますか?ありませんか?

ユークロマクリームの効果と副作用ハイドロキノン治療薬のユークロマクリームは美白効果の高い治療薬で、強力な美白作用で知られているハイドロキノンを格安で購入できると評判の治療薬です。

美白効果の高いハイドロキノン治療薬ですが、もともとは写真の現像の時に使用される工業用の漂白剤として使用されていました。

このハイドロキノンの漂白力はかなり強力な効果があり、医学会や美容業界でも人間の肌に使用できないのか注目されるほどでした。

注目後すぐに人の皮膚に使用した場合の安全性の研究が進められ、ハイドロキノン濃度を調整することで、ヒトの皮膚にも使用することが可能だという事が明らかになりました。

安全性が明らかになると一気に広がりを見せました

ハイドロキノンの効果は、それまでの美白成分で有名なビタミンC誘導体やアルブチンなどと比べると、100~300倍も美白効果が高いことが研究によって解明され、美白治療薬として一気に広がりを見せました。

更にハイドロキノン濃度を抑えることで、化粧品にも使用されるようになり、ハイドロキノンという成分名も一般的に良く知られるようになりました。

女性なら一度は聞いたことがあるハイドロキノンですが、化粧品と医薬品では効果が違うことは、あまり知られていません。

ユークロマクリーム最安値はこちら

ハイドロキノンの副作用と白斑などの危険性

ハイドロキノンは治療薬ですので効果とともに、望ましくない効果(副作用)もあります。

ハイドロキノンの副作用と言われるものについて一般的には、赤み、かぶれ、ヒリヒリするなどがありますが、ハイドロキノン濃度によって危険度も変わってきます。

色素が少ないアメリカ人の肌だとハイドロキノン濃度は2%程度、日本人の肌にはハイドロキノン濃度が5%までだと、副作用は殆ど心配ないと言われています。

しかし、ハイドロキノン5%以上の濃度になると一気にリスクが高まり、重症化するとカネボウ化粧品で有名になった白斑や色素沈着がおきる場合もありますので、濃度には注意が必要です。

日本人の肌の場合は、濃度が2~4%程度のハイドロキノン治療薬を使用することがオススメです。

ハイドロキノン治療薬をクリニックで処方されると

スティーバAの効果と副作用通常、ハイドロキノン治療薬は美容クリニックで処方して貰いますが、保険適用外になりますので、ハイドロキノン4%が10gで6,000~7,000円程します。

個人輸入の最安値サイト(オランダ屋)でユークロマクリームを購入する場合、1ヶ月分のハイドロキノン4%が20gで1,400円前後ですので、美容クリニックで処方される治療薬の10分の1程度になります。

ユークロマクリームは日本での販売実績も多く、信頼性の高いハイドロキノンですので、格安だから心配という方にも安心して使用できる治療薬です。

またトレチノインのスティーバAと併用することで、美白治療のトレチノインハイドロキノン療法が可能になります。

スティーバAのお知らせ

トレチノイン治療薬で人気の高い「スティーバA」は発売が終了しました。
現在トレチノイン治療薬でおすすめは「BIHAKUENトレチノイン」で美容外科やクリニックで処方されるものに最も近い商品です。

オオサカ堂やオランダ屋ではトレチノインの種類も豊富に揃っていますが、私もいろいろ試しましたが、トレチノインジェルやレチノA、エーレットジェルなど安いものは効果が少なく、セメダインのような臭いもありますので、BIHAKUENトレチノイン以外は買わないほうがいいです。

スティーバAが発売終了になった今、美容クリニックで処方されるトレチノインに一番近く、効果も非常に高い商品は「BIHAKUENトレチノイン」です。